ITエンジニアのブリッジSEへの転職

取引先や外注先が国外になるようなグローバル案件が普通に見られるようになっている昨今、これまでブリッジSEを未経験のITエンジニアであっても、ブリッジSEとして転職できるほどに企業側の採用ニーズは高まっています。

特に開発コストを下げたいと考えている企業側にとって、人件費を安く抑えられるような物価指数の低い途上国でエンジニアを雇用するのは重要な経営上の選択肢です。ただ、そうなると現地のエンジニアを指揮するためのマネージャーや、国内との橋渡しを担当して国内クライアントからのニーズや仕様変更などを的確に伝えられるブリッジSEは必須のポジションとなります。IT関連のグローバル化が進み続ける以上、こういったポジションのニーズもどんどん増加傾向にあるので、すでに該当する分野における開発や運用経験によって、ある程度の技術を持っているエンジニアにとっては、海外を相手にするブリッジSEへの転職は重要な将来の選択肢となり得ます。

しかもブリッジSEとしては未経験であっても採用される大きな理由は、企業から必要とされるのが技術力そのものよりも、現地エンジニアとの円滑なコミュニケーションができるかどうかだからです。従って、採用のカギとなるのは語学力や交渉、折衝の経験などのほうであり、営業経験や長期の留学による異文化交流経験といった本来のITエンジニアとは異なるキャリアが、むしろ生かされることになるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です